かわいい豆柴は豆柴についての情報をお届けするサイトです

豆柴のエサの種類と適切な量とは

豆柴は、先祖は同じ柴犬なのですが柴犬とは大きさが違ってきます。
豆柴は、30cm前後の大きさ位とされています。
柴犬は38cm前後の大きさとなります。
柴犬と並べてみると大きさの違いを感じる事が出来ます。
豆柴だからといってエサに特別な物が必要だという事はありません。
豆柴の体格や食べる量などを調整しながらエサを与える事が大切です。
豆柴にとって便の状態は、大変重要な情報となります。
便がやわらかいとエサを与えすぎですし、硬い様ならエサが少ない場合も考えられます。
エサの適量は、犬の頭の大きさが胃袋の大きさだとされており、頭の3分の1ぐらいの量を1回に与える様にします。
1日に2〜3回に分けてあげる様にします。
エサの種類も売り場に行くと沢山販売されています。
迷った時には柴犬専用等と書かれた種類を選ぶのも1つの方法かもしれません。
種類によってはアレルギー等の症状が出てしまう場合もありますので、その場合には次の種類に切り替えて行く事も大切です。

Valuable information



最終更新日:2019/3/18